PAGE TOP

新鮮な野菜は豊富に酵素が含まれているため、ジュー

だだだ日記

新鮮な野菜は豊富に酵素が含まれているため、ジュー
新鮮な野菜は豊富に酵素が含まれているため、ジュースにしたり、スムージーにしたりして酵素ダイエットに励む人もたくさんいます。
ところがなんと、普通のミキサーとかジューサーを使った場合には、かき混ぜる時に出る熱が新鮮な野菜が豊富に持っていた酵素や栄養素を大幅に減らしてしまうと言われています。
それに対して、商品開発されている酵素ドリンクが有効成分化しているのは熟させることで品質を強化した酵素ですから、素人が作るものとは中身が異なります。置き換え食品を用いたり、プチ断食したりといった方法で酵素ダイエットにチャレンジするなら、酵素ドリンクに豆乳をミックスして飲んでみてください。水と混ぜるより豆乳と混ぜた方がお腹がすきにくく、豆乳に含まれている栄養成分も同時に体に取り込むことができます。ただ、豆乳の摂取によって生理に影響が出てしまう人もいるため、体質に合っていないという人は炭酸とか牛乳と混ぜて飲んでみてください。朝、昼、夜の食事のうち、何食かをかわりに酵素ドリンクにするのが酵素ダイエットのやり方です。



例えば、夕飯だけ酵素ドリンクに変更したり、昼と夜だけ替えてもかまいません。

とはいえ、突然3度の食事全部を酵素ドリンクに置き換えるのは要注意です。
最近の酵素は健康的なだけでなく飲みやすさを重視した各種フレーバーが売りでもあります。
また、そんなドリンクを楽しみながら飲む工夫も、クチコミやダイエット関連サイトで広がってきました。酵素ドリンクのフレーバーと好相性の組み合わせを見つけることでおいしく飲みやすくなり、味の変化も楽しめ、「今日は何を食べようかな」と考えるのと同じ、食への期待感や満足感が得られるでしょう。爽快感重視なら、炭酸水が良いでしょう。

混ざりやすいので、朝、思い立ったときにすぐ作れます。初めは甘味が欲しいかなと思う人もいるかもしれませんが、あとのさわやかさは炭酸水に優るものはないでしょう。

甘味・カロリーなしの炭酸水はベジ・フルーツ系を問わず相性が良く、腹持ちが良いというおまけもあります。でも、無性に『濃い味』が飲みたくなるときがありますよね。それなら、豆乳が一押しです。

豆乳の大豆食物繊維や脂肪分が酵素のクセをやわらげ、満腹感の維持にもつながります。

それに、大豆イソフラボンは美肌効果がありますから、ダイエット中の肌つやをキープするのにも役立ちます。酵素ダイエットを行って、実際に何キロ痩せられるかは、どんな方法をとったかにもよりますしし、もともとどのくらいの体重であったかにもよるでしょう。



3日間で3キロの減量に成功した方もいますが、体重の減少が1キロの人もいるのです。

そして、回復食を食べている期間中でも体重が減る方もいますから、回復期間に何を食べるかも重要です。3か月間で10キロもの減量をされた方もいるので、目標に合わせたやりかたを見つけてください。
女性の皆さんに話題の酵素ダイエットを続ける期間ですが二日から三日というわずかなあいだで集中してダイエットの結果を出す手法と一日の食事で一食だけ入れ替えてきちんと痩せるまで長い期間をかける方法の2つに分けられます。


ダイエットの目安にしたい期限があるケースには、プチ断食でダイエットするのもいいですね。
何がなんでも急なダイエットを行う必要がなければ、少しずつ確実に長期間でダイエットしていくほうが太りにくい体質に変えられるのではないでしょうか。月のものを終えた後のおよそ一週間が一番酵素ダイエットには向いているタイミングです。そのままでも痩せることがかんたんなのに、酵素ダイエットをやってみれば、驚異的に痩せることができるかもしれません。とはいえ、体重を急いで落とすと、元に戻ってしまいやすいため、しばらくの間はダイエットが終わってからも気を付けると良いでしょう。


あまり感心はできませんが、事情により急激に体重を落としたい、という人にも、適した酵素ダイエットの方法があります。
一日24時間、固形物をお腹に入れないで、酵素ドリンクのみで過ごすプチ断食をしてみると、摂取カロリーが減り、代謝機能は活性化し、消化器官を休ませ、滞った老廃物を排出してしまえますので、減量はもちろん上手くいきますし、嬉しいことにお腹周りもすっきりしてくるはずです。
プチ断食につきものの、辛い空腹感を我慢できない時は、豆乳で胃壁に膜を作ったり、炭酸水で胃を膨らませるのも効果があります。


毎食ではなく部分的に酵素ダイエットをするとしたら、酵素ドリンクを飲むのは朝食だけにして、そのあとの昼食と夕食は酵素ドリンクを飲まないといいでしょう。朝食を置き換えるすることで空腹時間が長くなるので、苦労せずダイエットできそうです。



でも、夕食がカロリーオーバーしがちなので、その夕食を置き換えるのもいいでしょう。


また、食事制限が無いからといって、暴飲暴食はお勧めできません。

節制することでより効果的な結果が得られるはずです。
家事や仕事に追われながら、毎日の献立を考えて買い物をするのは、けっこうな負担になります。限られた時間の中で収めるために、外食して、浮いた時間に休息をとることも必要でしょう。

外食は配膳や片付けの手間も不要なので、外食のメリットというのはそれだけ大きいのです。
ただ、人気メニューを見てもわかるとおり、外食は太りやすいものです。そんな食生活のサポートに普段の生活の中に「酵素」を取り入れ、ダイエットを成功させましょう。何かを置き換えるというのではなく、体の代謝のために不可欠である酵素を「摂取する」タイプのダイエット方法で、しっかり栄養をとりながら、ムダなカロリーを燃焼していき、無理なくダイエット効果が得られるのです。
関連記事